宮古島から船で行く、目と鼻の先

宮古島北西の対岸に、県内屈指のカツオ節の生産地として名高い伊良部島がある。宮古諸島のなかでは宮古島に次いで大きな島で、その西側には中洲を挟んでへぱりつくように下地島がくっついている。伊良部島と下地島の2島で構成されている伊良部町は、人口約6500人。宮古島とは目と鼻の先にありながら、池間島や来間島のように橋が架けられていないため、伊良部島へのアクセスは船を利用する。<a href=https://sapavecoranch.com/miyakozima/>https://sapavecoranch.com/miyakozima/</a>